忍者ブログ
歯科診療と山登りをつづります。 当ブログはリンクフリーです。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

327d5f70.jpg177003b2.jpg










今日は木・祝日連休初日です。名古屋、名演小劇場で映画鑑賞。

左は映画[白いリボン]
難解です。第1大戦前のドイツの村で不可解な事件がつぎつぎ起こります。
でも犯人は全然あがってこないのです。
登場人物の社会的地位のある男爵、牧師、医師の3人とも良い人ではないです。
この村では精神面は教会が、経済的政治的には男爵が支配しているのです。
教会でさまざまな行事があるのが印象的。
主題はキリスト教の罪だと思います。

右は映画[ヤコブへの手紙]
この登場人物は3人とも良い人。
主題はキリスト教の愛です。

                     人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
     
PR

映画[シスタースマイル ドミニクの歌]を見ました 
僕が小中のころの流行歌ドミニクの歌の作者が修道女と初めて知りました。
日本語の歌詞は宗教色はなっかたように思います
ヨーロッパ版小室哲哉といえます
音楽の才能あふれる人を金目当てで周りの人が利用し最後は破滅させるという話。

ベルギーの修道院では修道女はサッカーをして遊ぶのですね。

修道女から還俗しても信仰は捨ててません
主がいるなら、主はこの人をして何のわざをなさったのでしょうか?

                  人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ




78dc9d30.jpg映画 「ボローニャの夕暮れ」を見ました
http://www.alcine-terran.com/bologna/index.html

第2次大戦前後のボローニャを舞台にした、機能不全家庭の崩壊と再生の物語です。

夫は風采が上がらず美人の妻にコンプレックスを持っています。
娘には溺愛です

妻は美人で有能です。夫の友人である、ハンサムな警察官僚に恋をしています
夫を愛しているかは?


娘はパニック障害http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3
の既往歴があり、統合失調症ぎみです。
この娘が殺人事件を起こすのです。

そして娘の病気の原因がなんと妻にあるというのです。
古都ボローニャの石畳が印象的

              人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

75eeeefc.jpga249076d.jpg






http://orchestra.gaga.ne.jp/

映画 オーケストラを見てきました
ヨーロッパ版ののだめです。
のだめもそうでしたが、
音楽家の生活は一部のスターをのぞいて苦しいものなのですね。

こころから好きでないとやってやれないという感じ

のだめと違って政治的歴史的な背景があります。それで
ハリウッド映画と違ってヨーロッパの映画はみなそうですが、細かいニュアンスが解からない部分が多々あります。

でも、美人主演女優を見、2時間名曲を聴くのはなかなかイイです
終わりのチャイコフスキーバイオリン協奏曲は圧巻

                  人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
                  
              
84576039.jpg映画〔春との旅〕を見てきました。
http://movie.haru-tabi.com/index.html

平成日本版のリア王物語です。北海道の老人と孫娘の春が老いの世話を頼むべく老人の兄弟を訪ね歩くという話。

しかし、昔も今もそんなの無理ですよね。登場人物はなくなった春の母親を含めていい人ばかりなんですがねえ。
老人の老いと北海道と東北の衰退がかさなってなんともせつない。
映画館のあちこちからすすり泣きがおきていました。

あっけない終わり方が印象的。これもひとつのハッピーエンド。

                                                          人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
92f6c4cd.jpg4cefcd39.jpg








        映画ドン・ジョバンニとモリエールを見てきました
ドンジョバンニは18世紀ウイーン
モリエールは17世紀フランスが舞台

ドンジョバンニの台本家ロレンツォ・ダ・ポンテはベネチア出身の改宗ユダヤ人
ウイーンの宮廷音楽家サリエリもイタリア人です。
イタリアで起こったルネッサンスがアルプスを越え、音楽、絵画、演劇でも広がったのです。
そのパトロンは王侯貴族。芸術家の多くは改宗ユダヤ人か?


ロレンツォ・ダ・ポンテはモーツアルトと同じくフリーメーソンです。
劇中、初対面でフリーメーソンとわかる握手をしていました。
ダ・ポンテが長生きしてニューヨークに渡った という話を始めて知りませんでした.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%86


絢爛豪華な衣装とドンジョバンニではモーツアルトの名曲が楽しめます。
僕が感情移入ができたのはモリエールのほう。

       参考になったら人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ



064a3c97.jpg

戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。

静かで血の匂いがする戦争映画です。アメリカ万歳でもなければ、反戦・厭戦映画でもありません。

監督はこの映画をとおして不条理な現実一般をえがいたのでしょう。

[戦争は麻薬だ]とは人間が不条理な現実に麻痺していることなのです。


兵士が、朝起きた時、歯みがきをするシーンがあったのは歯医者としてうれしいです。

     参考になったら人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ


IMG_2626.jpgIMG_2629.jpg









        のうちは ジルコニア講習会です。 ジルコニアは強度と審美性に優れ。金属を使わないので金属アレルギーがないです。積極的に取り入れていこうと思います。
d0bbd258.jpg昼は映画カラヴァッジョhttp://caravaggio.eiga.com/index.htmlです。

写実的ながら劇的な絵を描くカラヴァッジョは生き方も劇的なのですよ。

カラヴァッジョはPTSDhttp://www.sheport.co.jp/site/mcpo/materials/ptsd.html
に苦しんでいますが、それが何ナノかよく分かりませんね。
パトロンのデル・モンテ枢機卿 (親フランス派 トスカーナ大公フェルディナンド・デ・メディチの代理人) の好みがカラヴァッジョ初期の作風にあらわれているそうですよ。
            人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/21 NapeUnmamma]
[12/19 uplillasaws]
[12/19 addepsyinsany]
[10/17 プラダアウトレット]
[06/24 久保田]
プロフィール
HN:
さんし
HP:
性別:
男性
職業:
歯科医師  HP参照
趣味:
登山,映画,読書,美術鑑賞,家庭菜園
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
ブログパーツ

ジオターゲティング